龍安寺【京都の世界遺産】


龍安寺【京都の世界遺産】

《名称》
龍安寺(りょうあんじ)
Ryoan-ji Temple

《住所》
京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13

《概要》
龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。石庭で知られる。山号を大雲山と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。
方丈庭園(史跡・特別名勝) - いわゆる「龍安寺の石庭」である。幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させただけのシンプルな庭である。巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭である。最大の特徴は、「水を感じさせるために水を抜く」ということで、水を見立てられるようなものをつくる。白砂も大海をイメージし、岩は島というより山である。近世の地誌類には、室町幕府に仕えた相阿弥の作庭と伝えるが、作者、作庭年代、表現意図ともに諸説あって定かでない。室町時代末期の作で特芳禅傑らの優れた禅僧によって作られたものとも伝えられる。


Ryōan-ji (Shinjitai: 竜安寺, Kyūjitai: 龍安寺?, The Temple of the Dragon at Peace) is a Zen temple located in northwest Kyoto, Japan. Belonging to the Myoshin-ji school of the Rinzai branch of Zen Buddhism, the temple and karesansui garden is one of the Historic Monuments of Ancient Kyoto, a UNESCO World Heritage Site.
To many, the temple's name is synonymous with the temple's famous 'Zen garden', the karesansui (dry landscape) rock garden, thought to have been built in the late 15th century. The garden consists of raked gravel and fifteen moss-covered boulders, which are placed so that, when looking at the garden from any angle (other than from above) only fourteen of the boulders are visible at one time. It is traditionally said that only through attaining enlightenment would one be able to view the fifteenth boulder.(wikipediaより)


京都の世界遺産

京都 Kyoto の情報交流~京なう~
京なうtwitter公式アカウント
@kyonowのつぶやき
KYOTO NET TV
ちょっと違った視点から京都を紹介していく番組です。